バイク仲間と…群馬&長野


バイク仲間と気ままなツーリング。 今回は「日本一」の施設を見学に~。 行楽シーズンの土曜日…高速道路(関越自動車道)は予想通り混雑。 高速道路の混雑はイヤですよね~。

画像



松井田妙義 ICからは一般道18号線を走行。 目的は「めがね橋」。 めがね橋は国の指定重要文化財。 正式呼称は「碓氷第三橋梁」。 横川~軽井沢間は碓氷峠が急勾配のため鉄道路線の決定に紆余曲折し明治26年に開業。 その時に架けられた橋です。 200万個の煉瓦が使われ国内で最大のレンガ構造のアーチ橋です。

         ご同輩のKさんと…若く見えますよね?
画像



紅葉を背景にしメガネ橋は見ごたえ十分。 早速、橋の上に挑戦。 ここにも観光客がイ・ッ・パ・イ。 橋の両サイドはトンネル。 トンネルの中から見る紅葉も~情緒が有ります。
18号線の碓氷峠はカーブの連続。 ライダーにとってはスリルのある路線。 以前、日光の「いろは坂」にチャレンジしましたが~「いろは坂」の方が規模は大きいかな~?

              6号トンネンル前で1枚~
画像


      トンネルの中から見た紅葉…お気に入りのアングルです
画像


          メガネ橋の上です。 紅葉がキレイ!
画像



軽井沢の駅前で給油後、18号線を走行。 右手には浅間山が~。 「平原」の交差点を左折し141号線へ。 昼食は佐久平駅近くにある「Kそば店」。 有名な店らしく、多くの客で混雑~混雑。 とろろ蕎麦を食べましたが何と量の多いこと! Kさん・Iさんの追加注文には…(@_@;) 


食事後141号線を南下。「下小田切」交差点を右折し県道121号線へ。 先頭を走るIさんの後ろを走行…民家が無くなり更に奥へ~。 ツーリング前、Iさんからの連絡で『今回のツーリングは日本一の物を見に行きます~」とのこと。 このような山の中に日本一の物とは~何だろう??


目の前に大きなアンテナが~。近付くにつれ、その大きさが実感できます。今回の日本一は“臼田宇宙空間観測所”の巨大パラボナアンテナ。直径がナント64m。 遠い宇宙を航行する探査機を制御する通信施設です。 見学時にはアンテナが回転…案内所では当該施設ができるまでのビデオを観賞しました。 アンテナの大きさには驚きましたが、標高の高いこの地の寒さにも (>_<)

        アンテナとバイクと仲間と~記念になります。
画像



小海線「臼田駅」東方にある龍岡城跡。 ここのは日本に二つしかない五稜郭が有ります。 龍岡城は日本に二例しかない五稜郭で昭和9年に国指定史跡に指定されてります。 1864年(元治元年)に築城を開始しましたが、完成前に明治維新を迎えています。 当時のお金にして総工費が4万円。 なお、他の五稜郭はあの有名な函館にある五稜郭です。


画像


         お堀と土塁…ここの紅葉もキレイでした
画像




佐久市は鯉で有名。 夕食は「鯉のあらい」を食べました。 Iさんは「鯉丼」を~。  「鯉のあらい」は三枚におろして腹骨や皮等を取り除き人肌の湯に通し、すぐに冷水で身を締めて作るそうです。 鯉を食べると母乳の出が良くなる、との話は聞いた事が有りますよね。
 佐久の鯉は泥臭さが無いので、酢みそで食べるのではなく、「わさび醤油」で食する、とのことです。 十人十色、食べ物には人それぞれ好き嫌いが有りますが、私の感想は少々…小骨(?)が気になりました。



今回のツーリング…集合が朝7時30分。 帰宅したのが夜の10時40分。少々疲れましたが価値のあった楽しいバイク旅でした。 特に御代田町では予想外の「薪ストーブ店」を見学(休憩かな?) 今まで馴染みの無い業界の存在を知りました。

             気温8℃の表示
画像
 

          真っ暗…気温は6℃。 寒~い
画像
 



帰路は佐久ICから上信越自動車道→関越自動車道を走行しました。 夜の高速道路は視界が不十分。 危険度も増し、あまり好きではありません。 でも関越道が3車線になった辺りから街路灯が…ホッとしますよね。  バイクで気ままに旅することは新しい世界が開け、見聞が広がります。天候にも恵まれ楽しい1日でした。 走行距離は375Km。 
 Kさん、Iさん…お世話になりました。 体調不良でご一緒できなかったTさん…次回を楽しみにしています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mika
2012年12月05日 21:54
おじさん、カッコイイです!!

この記事へのトラックバック