行ってきました…マレーシア

昨年のタイ・ミヤンマーに続き今年も友人が所属している「KSNC(パソコンを主体としている組織)の皆様と海外旅行。今年はマレーシアに…6日間。 参加者は24名。とにかく“ジョーク”の理解できる方々が多く、笑いの絶えない旅行でした。 マレーシアは初めての訪問地。 現地では色々なものを食べ、見学し、スリルも味わいました。

マレーシアは面積33万㎢(日本の約0.9倍) 人口は約3,000万人。 主たる民族はマレー系。 宗教はイスラム教(約60%)の他、仏教、キリスト教等等。


今回の旅行は成田の集合時間が午前7時30分(時間厳守)とのこと。 このため家を出たのが早朝の4時30分。 海外旅行は何度も行っていますがこんなに早い時間に家を出たのは初めてです。 成田の到着した時は~睡眠不足?の為か マレーシアに到着する前に疲れた感じ(>_<)


成田から6時間30分のフライト。 ボルネオ島サバ州のコタキナバルへ。 この日は翌日からの日程を考え早々にベットへ。
翌日は世界遺産「キナバル山」を観光。 このキナバル山「富士山」より高く標高4,095mですが、雪もなくゴツゴツした岩山。 富士山の方が美しい感じ~。 キナバル山を背景に全員で記念撮影。 しかし、後日写真を見ると3名の女性の方々が写っていません! 推測ですが出店で「ドリアン」等を食べていたのでしょうね? 団体行動のはずが…もう??


   世界遺産「キナバル山」を背景に集合写真。でも、誰かいませんね!
画像



画像



画像



さて、この日はマレーシア最大級のつり橋を渡るコースが予定されていました。つり橋の高さは何と~43mとのこと。 ビルの14階に相当します。 高所恐怖症の私…過去、高所の場所で数々の恐怖を経験。 以後、どのような理由が有ろうとも、他人になんと言われようと「君子危うきに近寄らず」の精神で高所は避けています。 しかし、参加者の中のひとりの女性が『男のくせに高所恐怖症なんてだらしがないわね~私が付いているから大丈夫!』なんて豪語。 一瞬、「この女性が付いているなら大丈夫かな!」と頭をよぎりましたが行かなくて正解。 つり橋を渡って帰ってきた女性…何を思い出したのか急に泣き出しています。 ふざけているのかな?と、思い近づいてみると『つり橋を渡った恐怖がよみがえった~』とのこと。 つり橋に行く前にはあれだけ豪語していた女性。「私が付いているから大丈夫!」との言葉を信用して一緒に行っていたなら…二人で泣いていたかも (-_-;) (-_-;)


同日、コタキナバル市内観光とロッカウイ野生動物公園を見学。動物公園ではマレー熊、ボルネオ象、オランウータン、天狗猿等を間近で見ました。 気温30℃以上か?とにかく暑い! 下着1枚になり園内を~。 午後から同国内を飛行機でクアラルンプールへ約2時間のフライト。 

        あまり暑いので下着1枚で「蛇使い」を鑑賞
        下着1枚は私だけ~女性達に失礼だったかも?
画像



         自生する「ラフレシア」 世界で一番大きな花

画像


          食虫植物です。 思ったより大きい~
画像



画像


画像


画像


画像



画像



クアラルンプールはマレーシアの首都。 コタキナバルに比べ、さすがに都会的な感じ。 ホテルにはプールも有り超一流。 しかし、このホテルのエレベーターで恐怖を味わいました。 1階ロビーから一人で部屋の有る14階にボタンを押し14階に到着。 この時、エレベーターが壁にゴトンゴトンと当たる音。 そしてドアーが空きません。 乗っているのは私一人。 このまま1階まで落ちるのでは~! そう考えると頭が真っ白に。 この間、約2分位かな? とにかく長く感じました。 ドアが開いた時には安堵しました。 このエレベーター、日本では人が一人亡くなっている あの「シンドラー」社。 怖かった~。 シンドラー社のエレベーターを使っている国がまだあるのですね?

          現地の果物…ドリアンもありました。
画像



          ストロでチュー。何とも表現できない味です。
画像



今回の旅行の最大の目玉はクアラセランゴールでのホタル観賞。通常のマレーシア観光ではほとんどコースに入っていないと思います。 今回は幹事さんのご配慮でホタル観賞を設定して頂きました。 日本のホタルと違って飛び回ってはいません。 川岸にある樹木にとまったまま光を放っています。 その数、半端ではありません。 残念ながら手持ちのカメラでは撮影できませんでした。


      画像に中の小さな光が見えますか? 蛍です。
画像


        さあ~ この船で蛍鑑賞に
画像




このホタル観賞、旅行会社からの案内書に「マレーシアにおけるデング熱予防対策として蚊に刺されやすい場所(クアラセランゴールの蛍鑑賞を含む)への観光時は長袖、長ズボンの着用や虫除剤のご使用をお勧めします」と、記載がありました。
この案内書の文面を三者三様に解釈。 中には日本から蚊取り線香を持参した人、頭からすっぽりネットをかぶる人、防虫剤のスプレーを持参した人等相当数いました。 この厳重に防御した姿を見た現地ガイドさん…ビックリ仰天の様子。 個人的見解ですが、日本人は過剰反応しやすい国民かもしれませんね。 私ですか~もちろん何も持参しませんでした。


4日目はマラッカ観光。ここでは青雲亭寺院、セントポール教会、サンチャゴ砦、オランダ広場等を見学。この日は特に熱く感じました。 気温は33℃とのこと。 帰路はクアラルンプール空港を夜中の11時35分発の成田行き。さすがに機内では熟睡は出来ません。成田空港へは朝の7時15分到着。

      フランシスコ・ザビエルの像 この地から日本へ~
       後ろは「セント・ポール教会跡」です。
画像


       ペトロナス・ツインタワー  88階建て、452m
画像


               夜も観光しました
画像



今回のマレーシア旅行…熱さの中、よく歩きました(1日1万以上) 日本は真冬。マレーシアは真夏。 参加したMさん、83歳とか。 羨ましいくらいの体力です。 私が83歳になった時、どのくらい歩けるか? イヤな83歳まで生きていられるか? Mさんには頭が下がります。   帰宅しテレビを見ると「マレーシア空港で北朝鮮のKさんが殺害された」とのニュースが頻繁に放送されていました。 でも現地ではあまりこのニュースは耳にしませんでした。

           水上モスクを背景に~
画像



         キリスト教礼拝堂の前での集合写真
画像




今回の旅行を通して多くの皆さんと知り合いになることが出来ました。 楽しく、思い出に残るマレーシア旅行でした。 お誘い頂いたTさん、幹事の皆さん、ご一緒させていただいた皆さんには感謝いたします。 次回も楽しみにしています。 ありがとうございました。 でも少々疲れました。

            現地の方と一緒に
画像


        参加した女性達はローブを纏い礼拝堂へ
画像



画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

Coffee Break
2017年03月21日 11:55
楽しかったマレーシアの旅を思い出しながらブログを読ませて頂きました。次回はハワイアンズ、ご一緒できるようですね。よろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック