今年最後のボランティア


本年最後のボランティア落語。約1週間前、友人のTさんが「落語の出演依頼を受けたので~どうする?」との事。友人のTさん、以前当該施設(青梅市河辺)にボランティアでオカリナの演奏をしたとのこと。その場で「落語もやります!」と話をした様子。

画像



この結果、急遽、落語の依頼が~。1週間後の予定で依頼を受けるのは初めて。 友人はやる気満々。今回は小噺をメインに~6つの噺を用意している様子。 この雰囲気に圧倒され、何の準備もしていないまま承諾をしてしまいました。


「出し物は何にするか?」と思いましたが、丁度、稽古中の演目「目薬」が有ったので、この「目薬」を。 ところが~ところが、これが大失敗!自己採点で甘く見ても50点がやっと。友人曰く、「話が聴く人に難しかった」とのこと。 ボランチア落語は高齢者が対象のことが多く、言われてみれば高齢者が理解できる内容でなければなりません。友人のコメントは、いい勉強になりました。

画像



でも、この「目薬」は面白い噺。私は内容が面白く好きです。機会があれば再度挑戦するに値する演目。そうそう、来月は3カ所から依頼を受けています。そのうちの1回は高齢者福祉施設以外の場。内容を理解できる人がほとんどです。 
過去、何度も噺をしている演目は気が楽ですが、初めての出し物は緊張します。


1年間に3~4つの演目を習得するのが目標。今年前半は稽古時間が取れず(イヤ、取らずかな?サボっていたため!)後半の3カ月で「お菊のお皿」、「死ぬなら今」、「二丁蝋燭」、「目薬」を習得。 我ながら短期間で4演目を~満足です\(^o^)/




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック