新年1月も大忙し


平成最後の1月。新たな気持ちもつかぬ間、多忙な月でした。毎年、1月は新年にふさわしい雰囲気を演出するためか落語の依頼があります。今月は4件の出演依頼があり(うち、1件は日程が合わずキャンセル)“噺”をさせていただきました。結果的に出演回数が30回に到達しました。この間、自分にとって最も思い出に残る落語は「お江戸日本橋亭」での落語です。

画像


     落語の後には同会場でオカリナ演奏。大忙し(-_-;)
画像


       趣を変えて黄色の着物を~似合いますか?
画像


一方、観賞に出向いた落語、歌舞伎、コロッケ&美川憲一ショー、地元の市民会館での「ロビーコンサート」等がありました。


落語は近隣A市の寿司店二階で年4回行われている落語会。結構、有名落語家が来られます。この日は、「春風亭柳好」師匠等計4名の落語家が来られました。寿司を食べながらの歓談、抽選(色紙等が当たります)また、二次会もあり実に楽しいものです。

         春風亭柳好師匠とツーショット
画像


イケメン落語家「瀧川鯉斗」さんと。現在、鯉斗さんは二つ目。今春「真打」になります。テレビの笑点に真打紹介~楽しみです。
画像


        この日の演目と抽選でゲットした色紙です。
        色紙は春風亭柳好師匠の直筆です。
画像



歌舞伎は友人4名と参加。歌舞伎座の展示ホールを見学後、浅草公会堂で観賞しました。
初めて観る・聴く「歌舞伎」。歌舞伎独特の言葉の表現もあり、正直良く分かりませんでした。
演目に「番町皿屋敷」があり、落語の「お菊の皿」と同内容の為真剣に聴きましたがストーリーの表現が異なり、良い勉強になりました。

画像


画像


画像


     集合場所には東京駅で下車。皆さんと記念に1枚。
画像


コロッケ&美川憲一ショーは八王子市のオリンパスホール。座席は最前列(一番前)で観賞。
流石、一番前は迫力があり口の中まで見える感じ。バンドは5名の少人数でしたがこれも迫力満点。ドラムとピアノ担当はアクションがGood~でした。
コロッケさんの演技・トークは抱腹絶倒。かなり稽古を積んでいることが推測されました。
美川憲一さんは私と同じ年齢。 話の内容に人生経験からの言葉を感じ、見た目以上に存在感のある人物です。「人生はボ~ッと生きてはダメ!メリハリを持って生きる」の言葉は、私の人生観と一致 \(^o^)/

画像


画像


画像


          規模が大きい「オリンパスホール」
画像



ロビーコンサートは地元の市民会館で毎月催行されています。今回は知人のTさんが出演。
彼とは以前カラオケで一緒に歌ったことがあります。さすが、プロだけあって当日の最高得点(92点)をゲットした方。ちなみに私の最高得点は90.5点でした。この日のコンサート、彼の歌はドイツ語?だったため少々難解(>_<) 彼は現職中身分の高い方。しかし、そのような素振りは一切見せず謙虚な方~何となく気が合います。


その他、今年も地元公民館の新春コンサートに仲間と参加。今年は「二胡」も加わり、昨年とは趣の異なるコンサートになりました。ピアノはKさんが担当。最初お会いしてピアノを聞かせていただいた時の印象は??~。しかし、コンサート参加の数カ月前頃からは、まるで別人のように腕を上げ見事な演奏を披露しました。 相当な練習を積み重ねたと思います。

画像


画像



資金の運用に少々の「株」をやっています。年末は予想に反して下落。大発会も同様~先行き不透明な予感をさせる株価指数です。しかし、「株」のこと「上がれば下がる。下がれば上がる」 気長に待つのみです。 証券会社のセミナーは毎回参加しています。今回は「新春セミナー」。会場は立川市。過去、参加した中で最も大勢の参加者が~。 ただ、講師が若い支店長さんだった為か?内容があまりにも抽象的。 失礼ですが、あのレベルでは私が講師をやった方が~ (-。-)y-゜゜゜

          この時期、室内で満開のカランコエ
画像


           庭に咲く“水仙”
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック