ツーリング(渋峠とビーナスライン)


3年前の秋、峠の直前まで行きましたが、雪のため断念した「渋峠」越え。 今回は季節を夏場に設定し挑戦。 念願の渋峠越えを果たしました。

画像



今回のツーリングでは、ビーナスラインの走行も目的のひとつ。 印象に残った場所は渋峠、志賀高原、澗満瀧、美鈴湖、美ケ原高原、霧ケ峰高原、白樺湖などです。


草津に宿泊。 標高が高い為か? 涼しさを通り越して、少々肌寒い感じ。 食事で横にいた年配の女性が「こんなに寒いのならカーデガンをもって来ればよかった~」とのこと。 部屋には何と、この時期なのにストーブが置いてありました。 さすがに夜は寒くストーブを使いました。


渋峠越えのため早めに宿をスタート。 国道292号線は時間制限(夕方5時から翌朝8時30分まで通行不可)の規制がかかっていた国道。 時には昼夜通行止めになることも~あるとか。 原因は草津白根山の有毒ガス発生のため。  このことから「湯釜」の見学は出来ませんでした。  走行時、キツイ硫黄の臭いが鼻につきます (>_<)

画像


      気温表示には「16℃」が~翌日は35℃
      気温差に体調が??
画像



渋峠は「日本国道最高地点」 標高は2172m。  念願だった渋峠に到達した時は 『来たぞ~』と、叫びたくなる気持ちに!  天気も良く…荒々しい白根山がクッキリと見えます。

          渋峠から見える荒々しい「白根山」
画像




長野県山ノ内町のある「澗満瀧」。 国道292号線沿いにある小規模の駐車場にバイクをとめ観爆台へ。 「日本の滝百選」には該当していませんが、高さ107m、幅20m。 落差では数多い滝の中で22位。 残念ながらこの滝は専門家を除き傍には行けません。


画像


画像




長野市内は交通量も多く地方の中核都市の感じ。 市内を抜け国道406号線(鬼無里街道)を白馬に向け走行。  この鬼無里街道は全くの田舎道…経済活動に関係した車両の走行はごくわずか。  あるトンネルを抜けた時に突然現れた「北アルプス」の絶景には見とれてしまいました。
 
        北アルプスの玄関口「白馬駅」
画像




安曇野に宿泊した関係上、ビーナスラインの美ヶ原までは美鈴湖を経由する「林道」を走行しました。 ところが~ところが、この林道、行きかう車両は全くなし! カーナビも経路を案内できず「検索中~検索中」が度々出る始末。 武石峠を越えたころは「自分が走行している経路は~もしかして、道に迷ってしまったのでは~?」と、不安になる始末。  しかし、前進するしか道はなく、県道464号線の分岐点が見えた時はそれはそれはホッとしました。  ツーリングにはこのような事はつきものですが~。  それにしても「林道」の走行は、車両も無く、危険と背中合わせです!

画像


画像


画像


        山の中にひっそりと佇む「美鈴湖」
画像



美ヶ原高原からからのロードコンデションはベスト。 美ヶ原高原美術館では休憩を兼ねソフトクリームを食べながら景色を堪能。、一気に霧ケ峰高原へ。 その後、白樺湖を経由し蓼科へ。  しかし、この頃から空には真っ黒な雲が~。  案の定、雨が…蓼科湖畔の駐車場トイレで雨合羽に着替え走行するが、茅野市近くでは快晴に。 着替えが面倒なのでそのまま諏訪市のホテルまで走行。  炎天下に雨合羽…想像を絶する暑さでした ((+_+))


画像



画像


         ビーナスラインから見た「白樺湖」
画像


          日光キスゲがキレイに咲いていました
画像



今回のツーリングは気温差の大きいのが特徴。  ビーナスラインでの気温表示が16℃の時も有れば諏訪市では35℃。 倍以上の気温差を経験しました。  真夏のツーリングはキ・ツ・イです。 でも、いつもの事ながら帰宅すると各地を巡った充実感に…満足します。

    談合坂SAで下着を取替え…体力を回復のため休憩
    この時は暑さのため熱中症になるかも~と?
画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック