落語家の真打披露パーティー


なじみの落語家さんがこの度「真打」に昇進。 真打披露パーティーに出席しました。

画像


画像



真打披露パーティーの出席は初めて。 会場は新宿の「京王プラザホテル」 3人の真打披露パーティーが同時に行われました。 なんと参加者が600人超。 大相撲の尾車親方、歌舞伎の片岡孝太郎さん、落語家の三遊亭小遊三さん等々豪華な顔ぶれ。

          大相撲の尾車親方の祝辞
画像


        「笑点」でお馴染みの三遊亭小遊三師匠
画像


画像



何事もその道を究めるには艱難辛苦が伴い、一朝一夕には成り立ちません。 落語家が「真打」になるには平均15年。 努力と忍耐が必要です。 今回、招待を受けたのは「瀧川鯉斗」さん。 彼は瀧川鯉昇師匠の弟子で元暴走族。イケメンの落語家で有名です。

        日本で唯一の演芸情報誌「かわら版」の
        表紙に“鯉斗”さんが~
画像



真打に昇格後は、相撲や野球のスポーツと異なり、下位に位置付られることはありません。それだけに真打の落語家が多く実力が試される世界。 今後は「前座」、「二つ目」の時以上に落語の真髄が見定められます。 


過去、多くの落語家さんの「芸」を見ています。多くの落語家さんの「噺」を聴いています。
歳を重ねた落語家さん達の「芸」と「噺」には味があり深みがあります。 鯉斗さんもこれからは「師匠」と呼ばれる存在。 芸に、噺に磨きをかけて落語会を引っ張る~そんな落語家になっていただきたいと期待しています。

      この日は「瀧川鯉八さん(二つ目)」にお会い出来ました
      記念にツーショット!
画像



真打披露パーテー後は「末広亭」まで足を延ばし、落語を観賞~価値ある1日でした。

           古風で趣のある末広亭
画像


画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック